Sbyke History

brad-wernli-inventor-sbyke-1080-f

Sbyke History

Sbykeの開発者の一人であるBartは小さい頃からBMXが好きで、州の大会にも出場するほどの腕前。 弟であるSteveも同じくBMXが大好きでしたが、スケートボードにものめり込んでいました。

そんな彼らは後に伝説のバイクレーサーへとなっていきます。

小さい頃から2人がよく話しをしていたのが、スケートボードもBMXもこんなに面白い乗り物なのになぜ一緒になった乗り物はないのかという事でした。

そんな彼らの元にある日、発明家のBradが現れ、彼らが抱いていたBMXとスケートボードが一緒になった乗り物を一緒に開発する事になるのです。

始めはBradの自宅のガレージにて何回も試作を作っては失敗を繰り返しておりました。

しかしながら、Bradの発明家としての計算された知恵とBartとSteveがレースで培ったエンジニアリングスキルを持ち入り見事Sbykeを完成させたのです。

彼らの探究心と好奇心が詰まっており、他に類を見ない自転車の滑走とスケートボードのカーヴィングを一台に集約したSbykeを是非お楽しみ下さい。